[PERIODICALLY MESSAGE]定期通信 6月1日

定期通信

今年も前半最終月の6月になりました!

梅雨入り前の爽やかな皐月も終わり、そろそろ西の方から長雨の季節の足音も近づいてまいりました。
憂いがちな季節でもありますが、物思いにふけりながら連休の疲れを癒やし、次にやってくる楽しい夏に備える充電期間にしてはいかがでしょうか。

今回は、青い大空に思いをはせるニュースから、びっくりするようなトラブルの事例紹介などのドローン関わる情報を提供させて頂きます!

◎新潟市「白根大凧合戦」、6月2日Youtubeにて生配信。ドローン空撮が活躍
https://www.drone.jp/news/2022060116595452924.html

各地域で受け継がれる伝統文化も、空からのドローン映像の生配信といった新たな表現力によって、新鮮な感動を伝えてくれるのではないでしょうか。

◎ドローン業界初!SKYFIGHT UAS LEVEL2(スカイファイトUASレベル2) 自動付帯施設賠償責任保険スタート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000100.000028886.html

UAS LEVEL2(スカイファイトUASレベル2) 自動付帯施設賠償責任保険が開始されました。
業務中に操作ミス等の事故による損害賠償(対人・対物)や人格権侵害による賠償補償等を最大1億円まで補償。
という内容になっています。(業務中が対象の損害賠償保険となります。)
業務としてドローンの操縦を考えている方には、大変メリットの大きいものとなり非常に画期的なサービスなっております。

◎【DRONE FLIGHT SAFETY】Vol.2 実体験から学ぶドローントラブル
ドローンが制御不能に、推定高度1300メートルからの墜落

ドローンにまつわる技術の進化に伴って、制度や環境もなども整備され、新しい空のサービス化や活用環境は大きく前へ進んでいます。
新しい技術や環境など、これまでにないツールであることからも、想定外の事象が多いのも事実です。
事故事例なども共有することによって、ドローンを活用するすべての人が重大事故を防ぎ、安全対策に活用してほしいという掲載メディアの想いからも、紹介させて頂きます。

【DRONE FLIGHT SAFETY】Vol.2 実体験から学ぶドローントラブル
 ドローンの活用は、機体やソフトウェアの進化によって、急速に拡大している。数年前では実現が難しかったドローン物流の実証は全国の各地域で行われ、サービス化がいよいよ目前に迫る地域も出てきた。  技術の進化に伴って第三者の上空飛行や補助者の削減、広範囲の目視外飛行など、ドローンの活用環境は大きく変わろうとしており、安...

最後にSKYVERSE Studio ドローンスクールの近況です。

五月晴れのある日、広いグランドでフライトトレーニングを行ってきました。
屋外の広い場所でのフライトは、やはり最高に気持ちが良いですね。
トレーニングの後、スクールに戻って終了後点検を行うと、プロペラや機体に細かい付着物が多数…
実はこれ、なんと虫さんたちなんです!

緑の多い所でドローンを飛ばすとよくある事なんです。
暖かくなってきて、結構、細かい虫たちも結構、飛んでるんですね。

…虫さん、ごめんなさい

もちろん綺麗に掃除させて頂きましたが、フライト後には点検を兼ねて、綺麗な状態を保つように心掛けましょう。

メンテナンスの一環として習慣付きますし、いつでも気持ちよくドローンライフを過ごせることになると思います。
是非、参考にしてもらえれば幸いです。

それでは今回はこのへんでドロンさせていただきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました